御幸踏切

武蔵小杉に横須賀線の新駅が出来た
僕は引越してしまったので利用することはあまりなくなったんだけど思わぬところで新駅の影響をうけている

武蔵小杉と新川崎の間に御幸踏切という踏切がある
新駅の影響で開かずの踏切になってしまった

僕は住居から仕事場までこの踏切を渡っている
朝寝坊したりするとたいへん
朝の一番ひどい時間帯は1時間のうち20分しか開いていないらしい

この踏切を迂回しようとすると
小杉駅の脇の高架下を通ることになる
ちょっと遠回り

問題があることは行政やJRも認識してるみたい
共産党頑張ってた

ここですこし踏切の仕組みを見てみると
基本的には踏切から電車までの距離を見て開閉してるみたい
だから新駅ができて列車の速度が低くなったから開かずになったんだろうね

共産党の要望に加えて
距離を見て開閉を決めるんじゃなくて
列車の種類や速度もみて開閉を決める仕組みにすればだいぶ改善されるだろう
こういう踏切も実際にあるみたい
金はかかりそうだけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です